シロッコファンは掃除が便利です

我が家も築40年をすぎ全面改築をする事にしました。各部屋に付きましては、あまり希望が無かったのですがキッチンに付きましては、ある程度の希望通にして頂きました。特に今まで換気が悪かったのでそのような事がないように頼みました。以前は、プロペラファンを使っていましたが意外と掃除が大変でした。まめに掃除しておけば問題はないのですが、ついつい油が垂れてくるまでやらない正確のものですので、換気は悪くなるし、掃除をするのには、気合を入れてからやらないと進まずいつもすごい状態になっていました。今回プロペラファンより、シロッコファンの方が掃除がしやすいと聞き換えてもらいました。換気についてはまだ新しいのですごく良く感じます。ただ、意外と分解しても自分で組み立てる事が出来るので、掃除は以前より数倍しやすくなりました。

家庭に欠かせないシロッコファン

シロッコファンという名称を知らない人も、実物を見れば分かるのではないでしょうか。とくに主婦の人などは大掃除をする時に必ず掃除する部分ですから。この部品は換気扇の中に取り付けられていて、台所のガスレンジで二酸化炭素や臭いをダクトを通じて外に排出するために必要不可欠です。筒の形をしていて、細長い羽が沢山ついているという形状をしています。マンションではこのタイプのファンを使用していることが多く、一戸建ての場合はプロペラファンを使用していることが多いです。このシロッコファンが回転することによって空気を吸い上げて、外へ排出させることが出来るという仕組みになっています。特徴としては動作時の音が静かなことや、屋外で風が吹いている時も影響を受けにくいということがあります。プロペラファンよりは設置するのが割高になってしまいますが、メリットが多いためシロッコファンを設置したいという人も沢山います。

シロッコファンの掃除

台所の換気扇はプロペラではなくシロッコファンを選んで取り付けて10年経ち、最近新しい換気扇に交換しました。マンションでは選ぶことはできませんが、一戸建てではどちらも選べます。シロッコファンは取り付け場所を選ばず、風の影響が少ないが割高になります。一方のプロペラでは取り付けの費用は安価ですが、外の音が聞こえやすい、風の強い日には外風の影響を受けて効率が悪いなどがデメリットのようです。実際に使用してみて、シロッコファンの一番のデメリットは掃除の大変さでした。年に何度かファンを外して手洗いしますが、こびりついた油を細かく付いている何枚もある羽根から取り除くのは根気と時間がかかる作業でした。ですが、新しい換気扇に交換してその進化に驚きました。お湯をタンクにセットするだけの自動洗浄で、ファンを取り外して手洗いする必要が全くありません。掃除は簡単で楽になり、今までよりもさらに静音になっていいことずくめです。

製造設備、検査、試験設備等の増強と充実、さらにコストの低減を目標に日々努力を続けています。 設立年月日は、1965年4月です。 三上鉄工の製品は、効率アップと優れたコストパフォーマンスをお約束致します。 創業50年にわたり送風機・熱交換器を設計・製造してまいりました。 電車の場合は、東武スカイツリーライン(地下鉄日比谷線・半蔵門線直通):越谷または新越谷です。 軽量・低価格な三上鉄工のシロッコファン