シロッコファンを選ぶ理由

シロッコファンといえば台所の換気扇でお馴染みです。昔は扇風機の羽根と同様のプロペラファンが目で確認出来る位置についていた覚えがありますが、シロッコファンはレンジフードのフィルターの奥に隠れているので掃除する方以外は目にした事がないかもしれません。パッと見はハムスターがクルクル回す遊具の様な形です。多翼送風機ともいわれます。集合住宅や台所から直に排気口を取れないところでもダクト管を通じて排気出来るのが利点です。動作音も比較的小さく静かです。使用しないときはダクトの入り口に蓋がされているものもあります。この蓋は排気をスタートする事で風圧により外側に引っ張られ開く仕組みです。したがってシロッコファンが運転していない時は室内の気密性が保たれます。また、風を外に送り出す力が強いので、ダクト管が長い場合や、外風が強い環境下でも力を発揮します。

シロッコファンはどういうものか

シロッコファンは、名前は聞いたことがあるや実物を見れば分かるような生活をしていくうえで意外と身近な物です。台所で使用されるレンジフードファンの一種です。ダクトを通じていろんな向きに排気出来ることが利点の一つだと思われます。また、あらゆる送風機に使用することができ、深型レンジフードや浴室換気乾燥機などに使用されることが多いです。屋外の風の影響があまりないため、風の強い高層ビルに使われることが多いですが、最近では一般家庭でも主流になってきています。なぜ一般家庭で主流になってきているのかというと、音が静かなのに対し吸引力が強いからです。ただ、メリットだけでなくデメリットもあります。ファンの翼の数が多く羽根と羽根の隙間がせまいため、掃除が大変ということや、最近主流になってきたものなので価格が高いというデメリットがあります。しかし、メリットのほうが大きいのでコスパがいいと思っています。

エアコンに付いているシロッコファンの掃除の仕方

エアコンに付いているシロッコファンの掃除の仕方としては、市販のエアコン洗浄スプレーによって冷却フィンを洗浄ことが適切となります。エアコンからの風が臭うようになってきたら冷却フィンだけを洗浄しても解決しない部分があります。掃除すべきなのは風を送りだしているファンそのもといえます。エアコンが臭くなる理由には、冷風によって徐々にシロッコファンが冷えてきます。エアコンを止めると結露してきて、水分があるとほこりが付きやすくカビが発生につながります。それによって臭くなってきます。市販のエアコン洗浄剤や洗浄スプレーは、エアコンに付いているシロッコファンを洗浄するために役立ちます。冷却フィンは普段からフィルターによって守られていますが、手軽に洗浄スプレーなどを使用して掃除出来るため、ニオイのもととなるカビの発生を防いでくれます。